おくやみのマナー

ふくさ(袱紗)ファクトリーがお届けするマナーBLOG〜結婚式のアクセサリー編〜

2018.07.23

親戚や友人の結婚式に招待されたら、できるだけ素敵な装いでパーティーに花を添えたいと思うものですよね。普段はあまりアクセサリーをしないという人でもこの日ばかりはアクセサリーを身につけるのではないでしょうか。今回は、そんなアクセサリーの中でも結婚式にNGなものをご紹介します。

 

【結婚式の定番パールの中でもNGなもの】

結婚式といえば、パールのアクセサリーが定番です。パールにしておけば大丈夫。と思うかもしれませんが、パールの中でもNGなものがあります。

<ブラックパール(黒真珠)>

結婚式には、基本的に黒いものは好ましくありません。お葬式や喪服などをイメージしてしまうからです。絶対にNGというわけではありませんが、同じパールでもブラックパールは避けた方が無難でしょう。

<コットンパール>

独特の味があり、オシャレな雰囲気もあるコットンパールですが、こちらはあくまでもフェイクパール。結婚式にはふさわしくありません。

<いびつな淡水パール>

いびつな形をした淡水パールは、味があり素敵ですよね。可愛らしいものやエレガントなものなど様々あって、好んで身につけている方もいるでしょう。

しかし結婚式には真円のパールがマナーです。

 

【花嫁とかぶる、または花嫁より派手なアクセサリー】

結婚式の主役は新郎新婦。特にその花嫁とかぶるようなアクセサリーはNGです。お花のモチーフや白のレースなどは避けた方が良いでしょう。

そして被っていなくとも、花嫁よりも派手になり、目立ってしまうのもNGです。エレガントさをキープするようにしましょう。

 

【季節感の合わないアクセサリー】

例えば、夏にベロア素材、冬に透け感のある素材など、季節感のずれているものを身につけないように気をつけましょう。

 

【キラキラと輝きすぎているアクセサリー(昼の結婚式の場合)】

昼間の結婚式では、キラキラと輝くラインストーンやゴールドはふさわしくありません。逆に夜の結婚式では、華やかなものが良いとされています。

以前は1連以外のネックレスはNGとされていましたが、良いことが重なるのは良いという解釈から、2連3連のネックレスもOKになっています。派手になりすぎないように気をつけていれば、重ね付けも問題ありません。

 

【時計】

アクセサリーとしても素敵な時計はあると思いますが、結婚式に時計はマナー違反です。生活必需品としてつい身につけてしまいそうになるので、気をつけましょう。

時計をしているのは、時間を気にしているから、という解釈になり、せっかくのパーティーでそれは失礼にあたるのです。

 

【最後に】

服装や持ち物、ヘアスタイル同様、アクセサリーのマナーも最近はあまり厳しく言われないことが多いようです。新郎新婦や友人同士では気にならないかもしれませんが、ご両親や年配の参加者の方がおられる場合も多いですから、正しいマナーを身につけてアクセサリー選びをしてくださいね。

 

かわいい袱紗、おしゃれな袱紗のネットショップはこちら(https://hukusa.co.jp/shop/

人気のある記事

コンテンツカテゴリー

日本のマナーをご紹介,日本の文化 総合情報サイト