豆知識のマナー

ふくさ(袱紗)ファクトリーがお届けするマナーBLOG〜顔合わせのマナー①〜

2021.06.21

結婚したいという気持ちが決まれば、次に考えるのはお互いの両親の顔合わせになると思います。これから長い付き合いになるので、初めて顔を合わせる時はお互いの印象良く、楽しい時間にしたいですよね。しっかりマナーを知っておきましょう。

 

【顔合わせとは】

顔合わせとは、結婚が決まった時に二人がそれぞれの家族をお互いに紹介する場です。

結納とは違って、特に決まりはなく両家が食事をしながら会話をして、親睦を深めるというのが目的です。

結納を行わないという人が増えているので、婚約を家族で確認し合い、お互いの家族とゆっくり話せる大切な時間です。

結婚式や結婚後の生活について、希望を話しているとその後のトラブルも防げるでしょう。

 

【顔合わせの準備】

顔合わせをする前に、お互いの両親に挨拶して、承諾を得ましょう。

その後、家族の顔合わせを「結納」という形にするのか「食事会」という形にするのか決めます。

 

●日程を合わせる

お互いの両親だけにするのか、兄弟も来てもらうのかを決め、人数が多くなればなるほど、予定を合わせるのが難しくなるので早めに予定を合わせましょう。

顔合わせは、結婚式の8〜5ヶ月前にするのが一般的です。

予定が合う日がいくつかある場合は、お日柄の良い日が良いですね。

大安、友引がおすすめです。

 

 

●場所を決める

基本的に食事をしながら、親睦を深めることが多いので、レストランや料亭を選びます。

家族での初めての顔合わせなので出来るだけゆっくりと話しができるように個室を選ぶと良いでしょう。

お店はお互いの両親の食べ物の好みなども考えて、二人で相談しましょう。

二人の地元が離れている場合は、男性側が女性側に出向くということが多いようですが、最近では中間地点で場所を設定するという二人も増えてきています。

お店は1ヶ月前には決定し、予約しておくようにします。この時に「顔合わせ」で利用したいというのも伝えておくのが良いと思います。家族にアレルギーなどがある場合もこの予約の時点で配慮してもらえるかどうか確認しておきましょう。

 

【服装】

二つの家族の顔合わせです。

一方がかっちりとフォーマルな格好で、もう一方がカジュアルな服装ですと気にする人もいます。服装は食事する場所、家族の思いも考慮して、両家にあまり差が出ないように結婚する二人が事前に話し合い、家族に伝えて準備しておくようにしましょう。

女性は丈の短すぎないワンピースやスーツ、男性は黒やグレーなどのスーツが一般的です。男性も女性も派手すぎるものは避けて、清潔感が出る装いで向かいましょう。

 

 

かわいい袱紗、おしゃれな袱紗のネットショップはこちら(https://hukusa.co.jp/shop/

 

人気のある記事

コンテンツカテゴリー

日本のマナーをご紹介,日本の文化 総合情報サイト