豆知識のマナー

ふくさ(袱紗)ファクトリーがお届けするマナーBLOG〜知っておきたいネクタイの選び方①〜

2021.06.07

男性は大切なシーンではスーツを着用することが多いと思います。

そこでネクタイはどのように選んでいますか。その色や柄によって相手に与える印象は変わってきます。その時々にどんなネクタイを選べば良いのか詳しくご紹介します。

 

【ネクタイの色による印象】

●赤やボルドー

積極性や情熱的、リーダーシップというようなイメージがあります。少し背伸びしたい時や勝負の時の営業などに選ぶと良いでしょう。

 

●ピンク

優しく、可愛らしいといった印象を与えます。

白シャツとの相性も良く、白シャツと合わせることで清潔感も出せます。大切なデートの時などにピッタリです。

 

●黄色やオレンジなどの暖色

行動力があり、明るく親しみやすいという印象があります。

飲み会などのカジュアルなシーンで元気な印象を与えたい時に選びたい色です。

 

●ネイビーやブルー

知的で誠実なイメージがあります。

このイメージからビジネスシーンで一番よく見かけるカラーではないでしょうか。爽やかな印象もあるので、目上の人に会うときや大切な仕事の時には、このカラーを選ぶと良いと思います。

 

●ブラウン系

包容力や堅実なというイメージを持つ色です。

少し落ち着いた大人の印象を与えたい時に選ぶと良いでしょう。

 

●白

この色はあまりビジネスの場面で見る機会は少ないですね。主に結婚式や披露宴で選ぶ色です。

また、グレーも白と同じようなイメージがあります。白はビジネスシーンで使う人は少ないですが、グレーはビジネスシーンでもおすすめです。

 

【柄による印象】

●ストライプ

爽やかな印象を与えます。定番の柄なので幅広いシチュエーションで使えます。柄の幅が広くなる程カジュアルな印象になります。

 

●チェック

カジュアルで親しみやすく、さらに落ち着いたチェックを選ぶと知的なイメージもあります。

色の数が多いと少し派手になりますが、シーンに合わせてチェックの種類を使い分ければどんな場面でも使うことができます。

 

●ドット

小さなドットは上品で格式高い印象を与えることができます。

ドットが大きいものは明るいイメージになります。

 

●無地

誠実で品格があります。

どんなスーツにも合わせやすく、コーディネートが簡単です。

色を変えれば華やかにも、シンプルにもなるので、持っていると重宝するでしょう。

 

【まとめ】

ネクタイの柄や色で印象が全く変わってきます。さらには、その柄の幅や大きさでも印象を変えることができるので色々な組み合わせを楽しんでください。

 

かわいい袱紗、おしゃれな袱紗のネットショップはこちら(https://hukusa.co.jp/shop/

 

 

 

 

人気のある記事

コンテンツカテゴリー

日本のマナーをご紹介,日本の文化 総合情報サイト