豆知識のマナー

ふくさ(袱紗)ファクトリーがお届けするマナーBLOG〜Web会議のマナー①〜

2021.03.01

新型コロナウイルスの影響でテレワークが急速に世の中に浸透しました。そこで、多くの会議は会社に出なくてもできるオンライン上で実地されています。急に今までと方法が変わり、戸惑っている人も多いと思います。今回は、Web会議での最低限のマナーをご紹介します。

 

【Web会議とは】

オンライン会議やアプリの名前を使用してZoom会議と呼ばれたり、その他にも色々な名称で呼ばれています。

パソコンやスマートフォン、タブレットなどデバイスとネット環境があれば、ありとあらゆる場所で顔を合わせて、コミュニケーションを取ることができます。

似た言葉にテレビ会議という言葉がありますが、これは、専用の機器が必要です。Web会議はアプリを使うことで簡単に使用することができます。

 

新型コロナウイルスの影響により、このアプリも広まり、現在では、会議だけでなく、オンライン授業や面接など色々な用途で使われています。

 

【Web会議で注意したいこと】

〈画面に表示されることの注意点〉

●カメラの位置

相手にうつる自分の姿は一度確認してから参加しましょう。

角度によっては、相手を見下しているような視線になってしまうことがあります。また、カメラとの距離も大切です。あまりに遠いと暗くうつってしまいます。距離を移動させても暗いと感じれば光の当たる場所に移動したり、部屋の明かりをつけましょう。

 

●服装

会議の相手によっても使い分けて服装を選びましょう。社内の小さなグループだけでの会議であればカジュアルな格好でも問題ない場合が多いです。

しかし、社外の人との会議であれば対面して会議する時と同じような服装で参加しましょう。

どうしても在宅勤務が増えると身だしなみが疎かになります。しかし、Web会議では、うつった自分の姿が一番の情報になります。好印象になるように身だしなみに十分注意しましょう。

 

●背景

Web会議では背景も大切です。

自宅で行う人が多いと思います。背景に生活感が見えてしまわないように会議の前は、片付けるか背景を壁にできるよう移動しましょう。また、動く物がうつっていると気が散ります。動くものはうつり込まないように気を付けましょう。
バーチャル背景を使用するのも、一つの方法です。

 

●表情、姿勢

実際の会議では、気をつけることなく相手の顔を見るというのが自然にできます。しかし、Web会議では、実際に相手がいないので難しいですが、意識をしてカメラをしっかり見ましょう。

また、背筋を伸ばしてカメラの前に座りましょう。そうすることで、相手にも好印象になります。さらに自分の気持ちも切り替えることができるでしょう。

表情は、Web会議では伝わりにくいので、対面で会議する時より、明るい表情で参加するようにしましょう。

 

 

かわいい袱紗、おしゃれな袱紗のネットショップはこちら(https://hukusa.co.jp/shop/

人気のある記事

コンテンツカテゴリー

日本のマナーをご紹介,日本の文化 総合情報サイト