豆知識のマナー

ふくさ(袱紗)ファクトリーがお届けするマナーBLOG〜訪問先での基本的な作法やマナー④〜

2020.01.27

 

前回は、営業などで会社訪問する場合のマナーについてご説明しましたが、今回は、就職活動で失敗しないために覚えておくべき会社訪問のマナーをご説明します。

 

【第一印象でほぼ決まる!?】

就職活動にかかわらず、第一印象が良ければ仕事をする上で「お客さんや社内に良い影響を与えてくれそう」と期待されますし、就職の面接であれば、「今後、会社に貢献してくれる人だろう」と判断されると思います。
第一印象は、3秒~15秒で決まると言われていますので、表情や見た目、初めの挨拶や態度がとても重要になってきます。

好印象を与えるポイント!
・清潔感がある
・姿勢が良い
・聞きやすくはっきりとした声

 

【身だしなみ・姿勢】

⚫服装
黒色、紺色、グレーなど落ち着いたダーク系の色のスーツが一般的で、女性のスカート丈は座ったときに膝にかかるぐらいの長さが良いでしょう。
スーツの下は白色のワイシャツまたはブラウスを着ます。
体型に合ったものを選び、シワやほつれ、汚れがないか必ず確認しましょう。

⚫髪型
清潔感があり、爽やかさのある髪型を心がけます。
髪色は自然に近い黒髪が常識ですので、茶髪の場合は黒髪に戻しましょう。
前髪は、眉毛が見えるぐらい短くするか、眉毛が見えるスタイルが良いです。顔全体が見えると表情が明るく見えます。襟足ともみあげは、前髪と同じぐらい大事です。男性の場合、襟につくまで髪を伸ばすと不潔なイメージになってしまうので、短くしてスッキリさせておきましょう。

⚫姿勢
姿勢はとても大事です!どんなシーンでも姿勢が良ければ相手に良い印象を与え、逆に姿勢が悪ければ、だらしない印象を与えてしまいます。背筋を伸ばして頭のてっぺんから足まで一直線になるようにしましょう。

 

【遅刻は厳禁】

遅刻は厳禁ですが、どうしても遅刻をしてしまうと分かったら、すぐに電話で遅刻する旨を伝えます。すぐに連絡をすることにより、誠実な印象を与えるかもしれません。連絡なしでの遅刻はマナー違反ですので、必ず連絡をしましょう。

 

【挨拶はきちんとする】

基本的なことですが、明るい表情で相手の目をしっかりと見て、ハキハキと挨拶することが第一印象アップにもつながります。挨拶がきちんと出来るか出来ないかで合否が決まる可能性もありますので、正しい挨拶の仕方を練習しておきましょう。

 

【まとめ】

会社訪問する場合のマナーは、挨拶や態度だけでなく到着時間など細かいところまで求められ、そのマナーが守れなければマイナスの印象を与えてしまいます。
お宅訪問、会社訪問のマナーとご説明してきましたが、相手の立場に立ち、一番良い方法を考えることが重要です。時間や場所を提供してもらった感謝の気持ちも忘れずに、お互い有意義な時間になるといいですね。

 

かわいい袱紗、おしゃれな袱紗のネットショップはこちら(https://hukusa.co.jp/shop/

人気のある記事

コンテンツカテゴリー

日本のマナーをご紹介,日本の文化 総合情報サイト