お祝いのマナー

ふくさ(袱紗)ファクトリーがお届けするマナーBLOG〜結婚記念について②〜

2022.01.10

前回は、結婚記念日の発祥や数え方などを説明しました。

今回は、結婚記念日には呼び名があります。銀婚式や金婚式は有名ですね。その他にも呼び名があります。名称と意味、その年にふさわしいプレゼントなども合わせてご紹介します。

 

【結婚記念日の名称と意味】

1年目…紙婚式

真っ白の紙にこれからの未来を描いていきましょう。

プレゼント…手帳やカードなど紙でできた物

 

2年目…藁、綿婚式

藁や綿は頼りないイメージなのでそれにちなみ、倹約して安定した生活を目指していきましょう。

プレゼント…木綿の服、ハンカチなどの綿製品

 

3年目…革婚式

革のようにしなやかで粘り強く、問題を乗り越えられる夫婦になりましょう。

プレゼント…鞄や財布などの革製品

 

4年目…花婚式(書籍婚式)

3年目を乗り越えて、花が咲き実がなることを願い、これまで一緒にいてくれたことに感謝し、これからも共に過ごしていきましょう。

プレゼント…花束や本など

 

5年目…木婚式

5年経ち、夫婦二人が一本の木のように固く結ばれます。結束した一本の木のように二人で一緒に素晴らしい人生を歩んでいきましょう。

プレゼント…鉢植えやフォトフレームやお箸など木でできた工芸品など

 

6年目…鉄婚式

鉄のように強い信頼と絆のある二人を目指しましょう。

プレゼント…フライパンなどの鉄製品

 

7年目…銅婚式

家庭の財産や暮らしがどっしりとしてきます。それを銅に例えて、暮らしが安定してきたことを喜び、お互いに感謝していきましょう。

プレゼント…アクセサリーや食器など銅でできた物

 

8年目…ゴム婚式(青銅婚式、電気器具婚式)

ゴムのように柔軟で弾力のある夫婦になりましょう。

プレゼント…電化製品やアクセサリーなど

 

9年目…陶器婚式

陶器を扱うように大切に積み重ねてきた日々。ヒビが入らずにこれまで共に歩んでこられたことに感謝してこれからも過ごしていきましょう。

プレゼント…食器などの陶器製品

 

10年目…錫婚式(アルミ婚式)

錫のように美しく、清らかに柔らかさを兼ね備えた夫婦に。

プレゼント…酒器やフォトフレーム

 

 

【まとめ】

結婚1年目から10年目までの名称をご紹介しました。

新婚から10年経つと二人の生活や周りの環境も違ってきているかもしれません。忙しく過ぎる毎日の中でもこの結婚記念日は夫婦が同じ方を向き、特別な1日になるように過ごせるといいですね。

 

かわいい袱紗、おしゃれな袱紗のネットショップはこちら(https://hukusa.co.jp/shop/

 

 

 

日本のマナーをご紹介,日本の文化 総合情報サイト